はじめに

今回、教え子たちと松平千秋訳/ヘロドトス『歴史』(岩波文庫)を読む機会に恵まれました。

ここに、参加者の便宜のために新たに簡単な補足説明の頁を設けました。

第1巻から読書会に合わせて少しずつ進めていければと思っています。

また、参加者以外でも、ヘロドトスに興味のある方がいれば、『歴史』を読む際にでも一瞥して頂ければ幸いです。

なお、地図に関しては、古曳正夫『読書地図帳 ヘロドトス「歴史」』東海大学出版会(2009)の地図を借用しています。

例えば、ハリカルナッソス(現ボドルム)の場合は下記の地図の〔I-Ab2〕と記しています。


肖像(本文の挿絵)

ヘロドトス
(前4世紀前半頃に作られたものの模造:ニューヨーク、メトロポリタン博物館蔵)

・「HISTORIAE(歴史)」は、後世の命名

・「歴史の父」(キケロ『法律について』1.1.5:pater historiae)

・イオニア方言で執筆
 イオニア・アッティカ方言=東方方言群 
 ドーリス方言(スパルタ)=西方方言群
イオニア方言
 地図(桜井、55頁より)

生涯

伝承上は前484年頃生まれ420年(または430年)頃没

(没年はペロポネソス戦争<前431年〜前404年>の記述から推測)

系図(名望家)

 父:リュクセス(カリア系)
 母:ドリュオor ロイオ(ギリシア系)
 弟:テオドトス
 従兄弟(あるいは叔父):パニュアッシス(叙事詩人)

生誕の地〜旅〜死

カリア地方ハリカルナッソス(現:ボドルムI-Ab2〕)生まれ。
(ハリカルナッソスは、前10世紀頃にギリシア人が本土から移住してきて定住したイオニア地方のほぼ南端に位置しています)

また、アリストテレス『弁論術』3.9には、本書の冒頭ハリカルナッソス出身が、トゥリオイ〔I-Aa2〕出身と記述されています。
(写本は一致してハリカルナッソスの読みを採用していますが、「トゥリオイ出身の」の読みを本来のものとする学者も少なくありません。なお、Budé版はトゥリオイを採用しています。)

―政争(対僭主リュグダミス:バニュアッシス殺害される)の勝利後、市民の妬みを恐れて亡命。

サモス〔I-Eg4〕へ。
 僭主ポリュクラテスの物語(第三巻)
 ペルシア・エジプトなど各地を旅行。

アテネ〔I-Ab2〕へ。
 ペリクレス時代(前443〜29年)の頂点の頃に滞在(第六巻)
 評議会議場での朗読、表彰の逸話
 ソフォクレスとの交友関係の推測

→トゥリオイ〔I-A.a2〕へ移住(アテネの植民市:イタリア:前444年)
 晩年この地で『歴史』を完成か。
 トゥリオイにて没(アテネに戻って亡くなった説)。
 

『歴史』全9巻

(ヘレニズム時代に編纂:アレクサンドリアのムーセイオンにて)
―後3巻(7〜9巻)が最初に書かれており、それぞれの巻に9人のムーサイ(ミューズ:音楽・美術・文芸など芸術の女神)の名称が付されています。

※ヤコビー(1913)は、作品の詳細な分析の結果、前半部のペルシア、エジプトなどの記述と、後半部のペルシア戦争に関する記述の仕方の相違の理由について、成立時期の相違に帰着させています。(桜井40頁より)

○内容

第1巻(クレイオの巻=クリオ歴史の女神)

序説
伝説上の東西の抗争
―イオ神話、エウロペ神話、アルゴー船遠征、トロイア戦争など。
リュディアの歴史とペルシアの興隆

第2巻(エウテルペの巻)

エジプトの地理と民族誌

第3巻(タレイアの巻)

ダレイオス1世の権力掌握

第4巻(メルポメネの巻)

ダレイオスのスキティア遠征

第5巻(テルプシコレの巻)

ペルシアに対するイオニアのギリシア人の反乱

第6巻(エラトの巻)

ペルシの遠征(前490年)―マラトンの戦い

第7巻(ポリュムニアの巻)〜第9巻(カリオペの巻)

クセルクセスのギリシア遠征(前487/79年)

第8巻(ウラニアの巻)

サラミスの海戦

第9巻(カリオペの巻)

プラタイアとミュカレの海戦
結びでは、ペルシ人がもはやギリシアの脅威ではないことが強調されています。

巻一(クレイオの巻)

序文(プロオイミオン)

「以下は、ハリカルナッソス人ヘロドトスの研究(ヒストリエー)の発表である。人間によって生起したことが時の経過とともに忘却されぬために、また偉大なる驚嘆すべき業績、その一方はヘレネスにより、他方はバルバロイによって示されたものであるが、その業績の声誉が消えぬために、とりわけ両者が相互に戦った原因が不明にならないために、これを発表するのである。」
(一巻・冒頭:藤縄16頁)

ギリシア人やバルバロイの果たした偉大な事跡……=ペルシア戦争
(ペルシアに対する危機意識とホメロスを意識)
研究調査=ヒストリア→ヒストリー(歴史)の語源

※ギリシアの歴史叙述は、個人の自発的な企てとして執筆され、広くギリシア人一般に向けて公刊されるものであったから、冒頭の序文で自らの意図を明確に述べるのが普通でした。
その最古の例はヘカタイオスの『系譜』(ゲネエーロギアイ)』(前500年頃)と呼ばれる一種の歴史書の序文。(藤縄15頁)

伝説時代における東西の抗争 :1〜5(以下、数字は章の番号)

1:イオ神話
イオ(アルゴス〔I-A.b2〕の王イナコスの娘:ゼウスの恋人であり、牝牛に姿を変えられてギリシアからエジプトまで各地をさまよった:ボスポロス海峡=牝牛の渡し)神話を史的事実として解釈 。

2 :エウロペ神話
エウロペ(テュロス〔I-Ac2〕の王アゲーノールの娘:ゼウス牡牛に身を変じ、彼女を背にクレタへ:「ヨーロッパ」の由来)神話を史的事実として。

2:アルゴー船遠征物語
テッサリア〔I-E.c3〕の王子イアソーン、コルキス〔I-Ad1〕の金羊毛を求めてアルゴー船で航海(英雄ヘラクレス、テセウスらアルゴナウタイと)→イアソーン、王女メディアと共に帰還(コリントス
※エウリピデス『メディア』

3:トロイア戦争の原因
トロイア〔イリオス:I-A.b2〕の王子パリス(アレクサンドロス)による、スパルタI-Ab2〕王メネラオスの后ヘレネーの略奪。

※ 東西の女性の地位の相違

リュディア〔I-B.b2〕の歴史 :6〜94

リュディアの古史(ギュゲスよりクロイソスに至る):7〜25

7:ヘラクレス家→メルムナス家(クロイソスの一門)
 ヘラクレスーアルカイオスーベロスーニノスーアグロン(最初のサルデス王)
 ……ミュルソスーカンダウレス(22代最後の王:ギリシア名ミュルシロス)

12 ギュゲス、王権を手中に収める

○アルキロコス(抒情詩人)の詩(イアンボス六脚詩)

「あのギューゲースの黄金を積んだ王の富も有り難くはない。
まだかって嫉妬(やっかみ)などした覚えもなし、
神々のなされることを羨みもせぬ、また高大な王権にも望みはない。
それらはみな、わしの眼からはずっと離れたところにあるもの。」
(呉訳:ディール編 断片22)

「黄金に富むギュゲスのことなど、気になるものか、
妬んだことなど一度もない。神々の為されることをも、
羨みはしない。僭主の大権も欲しくはない。
どれも私の眼から遠く離れているのだ。」(藤縄訳:ウェスト編 断片19)

※歴史上の人物:アッシリア王アッシュルバニパルの業績録に、ル・ウド・ディという国の王グーグと表記されている(藤縄、30頁)。

13 :ギュゲス、デルポイ(I-Dc2)の神託を伺い認められ王位に就く。
ただし、デルポイの巫女(ピュティア)、ギュゲスの五代目の後裔(クロイソス)に至って、ヘラクレス家の報復が下る旨付言。

14 :ギュゲス、ミレトス〔I-Ba3〕、スミュルナ〔同左〕に進軍。コロポン〔同左〕の市街を占領。

15: 二代目アルデュス、プリエネ〔I-Ba3〕を占領、ミレトスに侵攻。

16 :三代目サデュアッテス 四代目アリアッテス王位継承。
 アリアッテス、スミュルナ〔I-Ba3〕を占領、クラゾメナイ〔同左〕に侵攻。

17-22 :アリアッテスとミレトスとの戦い

23-24 :キタラ(竪琴)弾きアリオンの物語。

25 :アリアッテス、ミレトスとの和睦、戦い終えた後没。

※サルディスの支配者に関しては、本文399頁、訳註の項にヘラクレス家とメルムナス家の系図が掲載されています。

(2020-01-11:改)

クロイソス物語:26〜94

26: アリュアッテスの子クロイソス、父の死後35歳で即位。
 エペソス〔I-Ba3〕を手始めに、イオニア〔I-Ba3〕およびアイオリス〔I-Ba2〕のギリシア都市を征服し、朝貢を強制。

28:クロイソス、ハリュス河〔I-Bd2〕以西(下部アジア)の住民の大部分を征服。
 クロイソスの支配した諸族:リュデイア人〔I-Bb2-3〕、プリュギア人〔I-Ba-d2-3〕、ミュシア人〔I-Bb2〕、マリアンデュノイ人〔I-Bc-d1〕、カリュベス人〔I-Bf-h1-2〕、パプラゴニア人〔I-Be1〕、テュノイ人〔I-Bb-c1〕、ビテュアニア人〔I-Bc1〕、カリア人〔I-Bb3〕、イオニア人〔I-Ba3〕、ドーリス人〔I-Ba-b3〕、アイオリス人〔I-Ba2〕、パンピュリア人〔I-Bc3-4〕

クロイソスとソロン: 29-33

 クロイソスとソロンの会見は、フィクションの可能性大。
 クロイソス即位(前560年頃)
 ソロンの改革(前594年頃)→改革後、外遊の途。

 ・ソロンが表明する最も幸福な人間
 第一位「アテナイのテッロス」
 ①立派なポリスの市民
 ②子供や孫に恵まれていること
 ③適度に裕福であること
 ④名誉の戦死(隣国メガラとエレウシスでの戦いにて)

 第二位「アルゴスのクレオビスとビトンの兄弟」
 ①親孝行
 ②同胞市民の間での顕彰、名誉と死
 ③多少の財産

画像の説明

(写真:クレオビスとビトンの大理石:高さ2m16cm:前590年頃作:1893,94年デルポイ出土;1988年3月撮影、デルポイ博物館にて)

※ アルゴス人による巨大な像の奉納は、この兄弟の親孝行の話が、全ギリシア的に知られた有名な逸話であることがわかります。
なお、アルゴスのヘラ神殿(ヘーライオン)は、アルゴスの町から離れたアクライアという丘の上に前700年頃建立された神殿。
丘の上からは南側の平野の彼方に、アルゴスのアクロポリス(大小二つの丘)が見られます。
アルゴスのアクロポリスからヘラ神殿までの距離は、兄弟が牛の代わりにくびきの下へ入って母親を車に載せて45スタディオン走ったとあるように約8km。

なお、テッロス、クレオビスとビトンの兄弟は共にソロンと同時代の人物と思われます。

ソロンが彼らをクロイソスより「幸福な人間」に挙げた理由を要約すれば、「神は嫉み深いゆえ、幸福な人間でも生涯を終えるところまでを見届けぬ限り、今どれ程富んでいようとも、普通の人間より以上に幸福だとは考えられない」(藤縄、33頁)

ソロンとクロイソスの対話自体は史実ではないにしても、「奢れる者久しからず」という歴史観の一つの範例。東西両文明の相違を示しています。(藤縄、41頁)

(2020-04-16:改)

クロイソスとアドラストス:34-45

35:プリュギア(I-Ba-d2,3)人アドラストス、過失で兄弟を殺し故郷を追放されサルディスへ。クロイソスは罪を浄める儀式をして客人として遇す。

36:ミュシア(I-B.2)のオリュンポス山に大きな猪の出現。
  ミュシアの使者は、クロイソスに猪退治を嘆願

43: 護衛に付けたアドラストスが、アテュス(クロイソスの息子)を誤って殺害。(夢のお告げは実現される)→クロイソスはアドラストスを許すが自死。

クロイソスと神託:46-55

46:キュロスの登場によりペルシアの強大化→クロイソス、各地へ神託伺い。
 デルポイ(I-E.c4、アバイ(I-E.d4)、ドドネ(I-Eb3)、アンピアラオス(テバイ(I-E.d4)領クノピア→オロポスのアンピアライオンへ移築:ストラボン9. 2. 10)、トロポニオス(レバディア:I-E.d4)、ブランキダイ(ディデュマ:I-Eh5)、アンモン(リビア:I-D.d4)

47:神託を試す瀆神的行為

※ヘクサメトロス(長短々六脚韻)
=六脚韻単位からなる詩。ホメーロスの叙事詩などに用いられています。

長(アー)・短(ア)・短(ア)(韻母)を六度重ねた行。
ーUU /ーUU / ーUU /ーUU / ーUU / ーUU

※韻(韻母)を踏む(押す)=詩句の一定のところに同韻の字を置くこと。

→クロイソスは、デルポイの神託を信じる。

50-51:クロイソス、デルポイへ金銀製奉納品を献納。

※度量衡(532頁〜536頁)
 1パラステ(7.4cm):6パラステ(44.4cm)、3パラステ(22.2cm)
 1タラントン(6000ドラクマ:約26.2kg):2.5タラントン(約65.5kg)、
  2タラントン(約52.5kg)、10タラントン(約262kg)、6タラントン(約  
  169kg)、3.5タラントン(約91kg) 
 1ムナ(600ドラクマ:436.6g):8.5タラントンと12ムナ(約227.2kg)
 1アンポレウス(39.4l):600アンポレウス(23.6l)
 1ペキュス(44.4cm):3ペキュウス(13.2cm)

(なお、下記に簡単な度量衡表を載せましたので、参考にして下さい。)

 前548年のデルポイのアポロン神殿の火災の際、奉納品は「コリントス人の宝庫」へ。
(パウサニアス『ギリシア案内記』10.13.7を参照)

51:クロイソス、黄金製および銀製の二個の巨大な混酒器(クラテル)を奉納
  (混酒器クラテルに関しては、下記の陶器の形状と名称を参照)
※ ギリシア人はワインはたいてい水で割って飲みました。その割合は酒1:水2or3

後、黄金製は「クラゾメナイの宝蔵」へ、銀製はアポロン神殿のプロナオス(前廊)へ。
(なお、神殿の様式はアテネのパルテノン神殿を参照)

52:クロイソス、アンピアラオスの社へ黄金製の楯と槍を奉納。
ヘロドトスの時代まで、テーベの「アポロン・イスメニオス神殿」に現存。

53:デルポイの神託
「クロイソスがペルシアに出兵すれば、大帝国を滅ぼすことになる」
ギリシアの中で最強の国と同盟を結ぶことを勧告。
→クロイソスはペルシアを滅ぼすことができると思い込む。

55:クロイソス三度神託を伺う
  「騾馬がメディア〔I-C.d-e3〕〕の王になったならば、……」

※メディアはペルシア人と同族で、ギリシア人はペルシ人とメディア人を混同していました。ペルシア戦争の際に、ペルシアに加担する行為を、「メディアへの寝返り」「ペルシアびいき(メディスモス)」などと呼んでいます。

(29/04/2020:改)

クロイソスとギリシア:56-70

56-64:アテナイ(I-E.d4)の状況

56:アテナイ人は、古くはペラスゴイ民族(ギリシアの先住民族=バルバロイ)。
=ヘロドトスの大胆な推論。

ヘロドトスは、ヘレネスとバルバロイとの抗争(ペルシア戦争)を主題としながら、このヘレネス自体にも根本にバルバロイの要素があることを指摘しています。(藤縄265頁)

ギリシア人(印欧語族)の侵入は何度かの波で、ドーリス人の侵入・移動(前1,100年頃)は最後の波、それ以前のギリシア語を話す人々の侵入・定住(前1,900年頃)はミケーネ文明を築いています。
  
アテネ人は、自分たちは他国の連中と違い、土地生え抜き(アウトクトネス)であるという誇りを抱いていました。
また、アクロポリスの上には、ペラルギコン(ペラスギコン)と呼ばれるミケーネ時代以来の城壁がありました。

デウカリオーン王(ギリシア神話;プロメテウスの子:洪水伝説)
=プティオティスの地(I-E.c-d3)
→ヘレーン(ギリシア人:ヘレネスの祖)=ドーロス、クストース、アイオリスの父
→ドーロス(ドーリア人の祖)=オッサ山(I-E.d3)、オリュンポス山(I-E.c2)〜ヒスティアイオティス〜ピンドス(マケドノス族)〜ドリュオピス地方(I-E.c-d4)〜ペロポネソス(ドーリス族:I-E.c-d5)

※クストース(イオニア人の祖)、アイオロス(アイオリス人の祖)

※ドーリス人の侵入
(1)デウカリオーンの時代には、その領内のフォティオティス(テッサリア南部)に住みました。
(2)デウカリオーンの孫で、ヘレンの子ドーロスの時代には、オッサ山とオリュンポス山の麓のヒスティアイオティス地方に住みました。
(3)カドメイオイ(テーバイの住古の住民)によって同地から追放されて、ピンドス(ドーリス地方の町)に住み、マケドノス族と呼ばれました。
(4)ここから更にドリュオピス地方(ドーリス地方の一部)に移りました。
(5)最後に、そこからペロポネソスに移動して、ドーリス族と呼ばれるようになりました。
(藤縄317-18頁)

57:ペラスゴイ人(非ギリシア語)の地
テュルセニア(I-F.f1-2)、テッサリオティス(I-E.c3)、ヘレスポントス(I-E.g2)
アテナイ人(もとペラスゴイ系)→ギリシア民族に吸収されギリシア語化。

=ヘロドトス、トゥキュディデスによれば、ギリシアの地にはヘレネス以外に、ペラスゴイ人など異なった言葉を話す種族が住んでいたが、次第にギリシア語化してやがて全部がヘレネスと呼ばれるようになります。(藤縄267頁)

なお、ヘロドトスは、ドーリス人(本来のギリシア人)も、最初からギリシアの僻地に居住していたのであって、決して外部の「原住地」から移動してきたものとは考えていないようです。(藤縄267頁)

(24/04/2020)

59-64:ペイシストラトスの僭主政樹立。

59:アテネの三党派

○「海岸の人々(パラリオイ)」―アルクメオン家のメガクレス(II)が指導(中間派)。
「海岸」とはアテナイ市外南東、パレロンからスニオンに至る沿岸部を広く指しますが、実際にアルクメオン家の地盤は、アテナイ市から南方ないし南東方沿岸までの比較的限られた地域。のちのアロペケ、アグリュレ、クシュぺテ各区です。

○「平野の人々(ペディアコイ)」―リュクルゴスが指導(保守的貴族派)。
アテナイ市内および周辺の平野部を指します。
 
○「山地の人々(ディアクリオイ)」―ペイシストラトスが指導(貧民派)。
「山地」とはアッティカ北東部の山間地を指しますが、ここでは「山向こうの人(ヒペラクリオイ)」、つまりアテナイ市から見て北東のパルネス、ペンテリコン、ヒュッメトス各山地の外側を住む人々を指しています。
これにはアッティカ東部沿岸の一部も含まれ、実際ペイシストラトスの本拠地は東海岸のブラウロンでした。
(橋場訳/アリストテレス『アテナイ人の国制』43頁より)

※下記のアッティカ全図を参照。

59:第一回僭主政樹立(前561/0年)
ペイシストラトスは、隣国メガラとの戦い(サラミス島およびエレウシスの領有をめぐる争い)に勝利して名声を獲得。→故意に身体を傷つけて、政敵の仕業と訴え護衛兵(棍棒持ち)を付けさせ、アクロポリスを占領。

※ヘロドトスは、ペイシストラトスの支配を「既存の官制を乱したり、法律を改変したりせず、従来からの制度によってポリスを立派に統治した」と評価しています。

60:メガクレス(II)(海岸党)とリュクルゴス(平地党)が連携して、ペイシストラトスを追放(前561/0年)。
両派抗争→メガクレス(II)は自分の娘をめとるという条件を出して、ペイシストラトスを復帰させます。
メガクレス(II)一派は、大柄の美女をアテネ女神に変装させ、女神自らがペイシストラトスを連れ帰ったと演出。→アテネ市民は彼を迎え入れる(第二回僭主政)。

61:ペイシストラトス、アルクメオン家の血の穢れを嫌ってメガクレス(II)の娘と同衾せず。

※アルクメオン家の血の穢れ:
アテネの貴族キュロンとその仲間は、僭主政樹立を企てアクロポリスを占拠したが失敗(前632年?)。アテネ女神の神域に逃げ込んで嘆願した者らを当局は殺害。当時アルコンであったアルクメオン家のメガクレス(I)(メガクレス(II)の祖父)が、その殺害の責任者とされました。

→メガクレス(II)激怒して 、再び平地党と手を結ぶ。
→ペイシストラトス、エレトリア(I-E.e4)へ再度亡命。
(ペイシストラトスの追放後の足取りは、エーゲ海北西テルメ湾東岸のライケロスに入植→トラキア地方ストリュモン川(I-E.d1)東岸パンガイオン(金銀の産地)→エレトリア:橋場訳/アリストテレス『アテナイ人の国制』15.2)

62-64:ペイシストラトスの一党、エレトリアを出発してマラトン(I-E.e4)へ。
→「パレネのアテネ女神(パレニス)」の戦いに勝利。
※パレネはヒュメットス山北麓の集落
→ペイシストラトス、三度目にして支配権を確立(前546年/5年頃:第三回僭主政樹立)。

(30/04/2020)

65-70:スパルタ(I-E.c5)の状況

65:スパルタとテゲア(I-Ec5)の抗争
二王制:アギス王家とエウリュポン王家の世襲制。
※下記のスパルタの二王家を参照。
(レオンとヘゲシクレス/アガシクレス:前6世紀中頃)

○リュクルゴス(伝説上の人物)の制度:
スパルタの王レオボテス/ラボタスの後見役→クレタ島より法を導入
王カリラオスとアルケラオスの時代(前8世紀前半)
(プルタルコス『リュクルゴス伝』5.8-9)

・長老会(ゲロンテス):60歳以上の元老28名の終身官。
国王2名を含めての30名の評議会。
・エポロイ(監督官):国民を代表して毎年5名づつ選出。王の施政を監視。
・民会:長老や王たちの提案の議決権
・シュッシテイア(共同食事)
※デルポイの神託によるお告げ(レトラ)

66:アルカディア(I-E.c4-5)攻略のため、デルポイへ神託伺い、断念。
  →テゲアへ進軍、敗北(「アテナ・アレア神殿」に捕虜の足枷:Hd.実見)

67-68:アナクサンドリデスとアリストン両王(前6世紀中頃)、テゲアに勝利。
  デルポイの神託「アガメムノンの子オレステスの遺骨をスパルタへ」
  リカスの発見→遺骨を密かにテゲアからスパルタへ移し、その被護により勝利。
  →クロイソスの頃、スパルタはペロポネソスの大部分を征服。

70:スパルタはクロイソスからの同盟の申し出を受諾。

(06/05/2020)

クロイソスとキュロスの対決:71-94

71:リュディアの賢人として名高いサンダニスの忠告。
「美味なものは何一つない貧乏国ペルシアを征服しても、こちらには何の利益もないし、他方ペルシ人の方が勝てば、こちらは奪われる物が多い。」
=ペルシアは、華美なもの、結構なものは何一つない。

72:カッパドキア(西はハリュス河、東はアルメニア国境に至る地域:I-Be-h2) 
  住民はシリア人と呼ばれ、メディアに服属しています。

73:クロイソスのカッパドキア進軍の理由は、領土欲と神託を信じたこと、そしてメディアの王アステュアゲスの仇討ち。

74:リュディアとメディアの戦いースキタイ人の引き渡し要求が原因。
和平の誓約:アリュアッティス(リュディア)の娘アリュエニスとキュアクサレス(メディア)の子アステュアゲスの婚姻=クロイソスの義兄弟。
キュロス(ペルシア)は、母方の祖父のアステュゲアスを征服。

75-80:クロイソスは、ハリュス河を渡河。(キュロスのイオニア離反策は失敗。)
キュロスの大軍と決戦、勝敗は決せず→サルディスへ引き返す。

エジプト王アマシアス、バビロン王ラピュネトス、ラケダイモンへ援軍を要請。

クロイソスは外人傭兵を解散→キュロスは、サルデスへ攻撃を開始。

リュディア人の騎馬・長槍部隊は、ペルシア軍の駱駝部隊に敗走。
→リュディア軍、アクロポリスに籠城。 

81-82:スパルタとアルゴスの係争(前550年頃)

スパルタのテュレア(I-Ed.5:旧アルゴス領)占領をめぐって。

双方300人ずつの戦い→アルゴス方アルケノルとクロミオスの二人と、スパルタ方オトリュアデス一人が生き残る(自決)。
→最終的にスパルタの勝利=スパルタの長髪の慣習の始まり。

84-86:サルディス(I-E.h4)の陥落:

画像の説明
<写真:サルディス市街図>
(阿倍拓児『ペルシア帝国と小アジア』京都大学出版会、2015年、33頁より)

伝説上のサルディス王メレスが、妾の産んだ獅子を引きずってアクロポリスの城壁をめぐる→サルディスは難攻不落の都市になったという不思議な縁起譚を紹介しています。

アクロポリスの断崖絶壁の登攀可能場所=トモロス山(I-Eh4)に面した場所(アクロポリス南方)からペルシア兵の侵入。

→ペルシア兵が、クロイソスを王とは知らずに殺そうとしたとき、クロイソスの唖の息子は「クロイソスを殺すな」と叫ぶ。
=「唖の子供が声を出すようになる日こそ、災いの日だ」という託宣が実現します。

クロイソスは、キュロス王の命により、薪の山の上へ上げられ、14人のリュディアの子供達とともに、火刑に処されることになります。

画像の説明
<写真:火刑に処されるクロイソス(1.86)>
(前5世紀のアンフォラ:ルーブル博物館蔵)
(J. Boardman, Athenian Red Figure Vases :The Archaic Period, Thames and Hudson,1975より)

クロイソスは三度ソロンの名を呼び、キュロスに対して「どれほどの栄華にあっても、最後まで見届けない限り、その人を幸福だとは言えない」というソロンの訓戒を説明します。
キュロスは、死刑の中止を命じるが火を消すことができず、クロイソスはアポロンに祈ります。
→大雨が降り、クロイソスは助かります。
(87:ヘロドトスは、この奇蹟をリュディア人の伝承としています。)

キュロスは、以後クロイソスを丁重にもてなします。

90-91:クロイソス、デルポイへ使者を派遣して、神の責任を追及します。
なぜ、神は誤った神託を下し、自分を滅ぼしたのか?

理由は、
・4代前のギュゲスの主君殺しの罪(定まった運命:因果応報)。
・神託の預言の「大帝国の滅亡」の大国は、リデュアかペルシアかのどちらかを問い直すべき。
→巫女の返答に、クロイソスは過ちの責は自分にあると悟ります。

93-94:リュディア人の風習:

金銀の貨幣鋳造・使用の最初の民族(前600年頃:エレクトロン(琥珀金))。
小売り制度を創始。
ダイス(キュボイ)、骨サイコロ(アストロガロイ)、鞠遊び、西洋碁(ベッソイ)。

画像の説明
画像の説明
画像の説明
<写真:上:骨サイコロ(山羊や羊の趾(し)骨や距(きょ)骨); 中:サイコロ遊びをする少年; 下:ボードゲームをするアキレスとアイアス(前530〜前520年頃:ローマ、ヴァチカン美術館)>
(高畠・齋藤・竹内『図説 古代ギリシアの暮らし』27−28頁より)

画像の説明
<写真:アテネの銀貨(4ドラクマ貨):前5〜前3世紀>
(同書、73頁より)

(17/05/2020)

                                                                                                                                   


地図

古曳正夫『読書地図帳 ヘロドトス「歴史」』東海大学出版会(2009)

Ⅰ−A 小アジアからメソポタミア

ⅠA

Ⅰ−B 小アジア

ⅠーB

Ⅰ−C 小アジアから中央アジア

ⅠーC

Ⅰ−D 各地の神託所,アリオンの奇談

ⅠーD

Ⅰ−E エーゲ海①

ⅠーE

Ⅰ−F 西地中海

ⅠーF

Ⅰ−G アッティカ地方

_ⅠーG

Ⅰ−H ヘロドトスの世界

ⅠーH

Ⅰ−I エーゲ海②

ⅠーI


度量衡表

画像の説明

(高畠・齋藤・竹内『図説 古代ギリシアの暮らし』73頁より)

陶器の形状と名称

画像の説明

(同書、107頁より)
……
貯蔵器:アンフォラ・ペリケー・スタムノス
混酒器:クラテル
水甕:ヒュドリア
冷酒器:プシュクテル
注酒器:アスコス・オイコノエ
化粧品入れ:ピュクシス・レカニス
酒杯:キュウリクス・スキュフォス・カンタロス・リュトン
香油瓶:レキュトス・アリュバロス・アラバストロン
祭礼器:フィアレ・ルトフォロス・レベス・ガミコス

(古代オリエント博物館・岡山私立オリエント美術館編『壷絵が語る古代ギリシア』山川出版、2000年、32-33頁より)


アッティカ全図

画像の説明

(橋場訳/アリストテレス『アテナイ人の国制』31頁より)

スパルタの二王家

画像の説明画像の説明
画像の説明画像の説明
以上、カッコ内は先王との関係。
(W.G.フォレスト著/丹藤浩二訳『スパルタ史』渓水社,1990年,15-18頁より)


参考文献:

呉茂一訳『ギリシア・ローマ叙情詩選』岩波文庫
高津春繁訳/アポロドロス『ギリシア神話』岩波文庫
高津春繁『ギリシア・ローマ神話事典』岩波書店(1960)
桜井万理子『ヘロドトスとトゥキュディデス』山川出版社(2006)
高畠純夫・齋藤貴弘・竹内一博『図説 古代ギリシアの暮らし』河出書房新社(2018)
橋場弦訳/アリストテレス『アテナイ人の国制』岩波書店(2014)
藤縄謙三『歴史の父ヘロドトス』新潮社(1989)
松平千秋『ホメロスとヘロドトス』筑摩書房(1985)

原典:
ヘロドトスの『歴史』の原典に触れてみたいという人のために、いくつか下記に挙げてみます。

1. C. Hude, Herodoti Historiae, 2vols. (Oxford Classical Texts)
2. N. G. Wilson, Herodoti Historiae, 2vols. (Oxford Classical Texts)
3. A. D. Godley, HERODOTUS, 4 vols.(Loeb Classical Library)
4. Ph. E. Legrand, Hérodote, Histoires,11 vols.(Collection de G. BUDÉ)

1は、岩波文庫の松平訳の底本(旧版)、2は新版(2015年)です。
3はロウブ叢書(英訳:対訳)、4はビュデ版(仏語:対訳)です。

また、インターネットではTLG(Thersaurus Linguae Graecae)で、有料会員となれば、フルテキストを見ることができます。

(2020-04-16)

a:703 t:7 y:38